[読了]起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと

買ってからだいぶ時間がたってしまったけど、ようやく読めた。
堅苦しすぎず、磯崎さんらしさ?がでていてわかりやすいと思った一冊でした。

ちょうど、資本政策の話とかGoogle+で書かれていますね。

Tetsuya Isozaki – Google+ – ミログの資本政策を調べてみた 最近Androidアプリ利用分析ツールが話題になった「ミログ」について、昨日、…
https://plus.google.com/113608543412821664532/posts/eycUTyq7izh

話の内容的にはちゃんと理解出来ていないところもあるから、折をみて再度読み返そうかな。
ストックオプションや資本政策のあたりから、自分の中に落とし込めない(イメージをつくれない、自分の言葉で説明できなさそう)かんじだったからちょっとそのあたりから。

家族ブログとFacebook

FacebookのiPadアプリがでましたね。

家族全員がFacebookのアカウントを持ってれば、secret groupを作って家族ブログとして使うこともできるんだろうなぁ、、、とふと思ったり。
文字数制限があったきがするけど。
あれ、ないっけかな。

気をつけるとするなら、親とかのアカウントの最初のプライバシー設定くらいか?
万が一間違ってwallになげたりしてもいいように、友人は家族だけにしてしまうとか?
写真のプライバシー設定も問題無いとは思うけど。。。

もし友人とかとつながりたいのであればその辺の使い分けが必要になるから、便利さのためには学習が必要というところなのかな。。。

そういうリスクを考えるのであれば、ブログ+投稿者+閲覧制限の方が安全なのかもしれないなぁ。

ほかにもアップのしやすさとか、携帯での閲覧状況とか色々考えた方が良さそうなことはあると思うけど。

メール投稿は多分出来るはず・・・
添付画像とかが付いてる場合のGroupへのメール投稿ってどうなるんだろうな。
送信元アドレスとかの判定も考慮しておく必要があるんだろうな。
これはちょっとあとで試してみようかな。

いとことかとはグループとかがいい気がするんだけどなぁ。
そこまで密に連絡は取らないけど、時々、いまどんななのかな?というくらいでお互いの近況をしれるとか。
まぁ、メールで聞けよ、と言うところかもしれないけど。
コミュニケーションコミュニケーション。

メールするほどじゃないけど、なんとなく共有しておく、見れたら見ておく、という位の緩い関係ってのが最近気になる。
メールすると受け取った側は有無を言わさず受け取らないといけないし、見ない(読まない)といけない訳だし。
Google+のcircleも近いとは思うけど、プラットフォームとして使うのであれば使われ具合的に現状はまだFacebookの方がまし?
どっちもどっちかもしれないな〜。
受け取るとか選択権を受け手に与えたい感じ。

ま〜、あとはUIとかが変わったりして混乱したりするくらいなら、機能がない方をチョイスするというのも普通の流れか。。。

コンテンツをどっちにおいておきたいのかも一応判断基準の1つにはなるだろうなぁ。。

共有する、高めていく

こう言うのを読ませてもらいながら。。

だから、遠慮せずに自分で考えて、考えたことをぶつけてくださいね」ってこと。「自分は経験が足りないから」と萎縮する必要はありません。考えて、自分で答えをひねり出すことが重要だと思うのです。

[From 共有しあう文化 142 – saicolobe’s posterous]

振り返る。そのなかから確実にこなすために宿題にする。
んで、翌週また振り返る。

些細なことでだれでもできることを着実に実践する。
こういう積み重ねですよね。

んで、それらのなかで、書かれてあるような経験を積み重ねていく。

すごくいいスパイラルなんだろうなぁ、と思いますね。

[読了]新版Perl言語プログラミングレッスン入門編

ようやく読み終わった。

新版Perl言語プログラミングレッスン入門編
結城浩
ソフトバンククリエイティブ ( 2006-10-21 )
ISBN: 9784797336801

Perlよく分からん、と思っていたけどちゃんと読めば意外とわかった気がする(勘違い)

なんか自分の中でもやもやとしててよくわからんな〜ってことは解決出来た。

ということで、これから練習問題を再度やり直してみよ。

Rubyメモ

初めてのプログラミング 第2版
Chris Pine
オライリージャパン ( 2010-09-21 )
ISBN: 9784873114699

これを読みながら書いてあるコードを試してみた。

// rubyのバージョンを確認

$ ruby -v

// rubyのプログラムを動かす

$ ruby calc.rb

// rubyの割り算

puts 9.0 / 2.0 // 4.5

puts 9 / 2 // 4

// オブジェクトの文字列バージョンはオブジェクトの後ろに.to_sをつける

var1 = 2

var2 = ’5′

puts var1.to_s + var2

// 整数バージョン

.to_i

// 浮動小数点バージョン

.to_f

// 整数型に変更

puts ’5は〜〜’.to_i // 5 5は認識出来た

puts ‘私は5が〜〜’.to_i // 0 最初から全てが無視される

// putsは文字列バージョンを表示

puts 20 // 20

puts 20.to_s // 20

puts ’20′ // 20

putsはput string

// getsで入力した内容を取得する

name = gets

最後のエンターが取得されてしまうので

name = gets.chomp

を使う

// 整数と文字列

favnum = gets.chomp.to_i + 1.to_i

puts favnum+ ‘の方がよいですね’ // error 数字と文字列を足そうとしている

favnum = gets.chomp.to_i + 1.to_i

puts favnum.to_s + ‘の方がよいですね’ // 入力した数字に1足した物がでる

// putsのオブジェクトを調べる

puts self // main

// .reverse 文字列を逆順にする

var1 = ‘stop’

puts var1.reverse

// 文字列をセンター揃えで表示

puts (‘文字列文字列’.center(line_width))

//左揃え

.ljust

//右揃え

.rjust

// 指数 **

5**2 // 25

// 剰余 %

7%3 // 1

// 数値の絶対値を返す abs

puts (2-5).abs // 3

// 乱数を返す rand

rand(101) // 0 – 100のどれか

rand(1) // 必ず0

// stand randで同じ乱数を返す

stand 1976

puts (rand(100))

puts (rand(100))

puts (rand(100))

puts”

stand 1976

puts (rand(100))

puts (rand(100))

puts (rand(100))

同じ物が並ぶ

// 比較

puts 1 > 2 // false

puts 2 > 1 // true

puts 4 >= 5 // false

puts 5 <= 5 // true

// 文字列の比較

puts ‘cat’ < ‘dog’ // true

大文字の方が先になるので、比較する場合は.downcaseで小文字にして比較する

もしくはupcase,capitalizeを実行

// 条件分岐

if name == ‘クリス’

puts ‘ステキな名前’

end

// コメントアウト #

// ループ while(trueである間)

input = ”

while input != ‘ばいばい’

puts input

input = gets.chomp

end

puts ‘またね’

====

while true // 常にループするようにする

input = gets.chomp

puts input

if input == ‘ばいばい’ // 条件分岐

break //breakでループから抜け出す

end

end

puts ‘またね’

// Ctrl + Cで無限ループから抜ける

// elseif

if name == ‘クリス’

puts ‘ステキな名前’

elseif == ‘ケイティ’

puts ‘ステキな名前’

end

// 重複をまとめる

if name == ’クリス’ || name= ‘ケイティ’

puts ‘ステキなお名前’

end

このようには書けない

if name == (’クリス’ || ‘ケイティ’)

puts ‘ステキなお名前’

end

// 論理演算子

&& and

! not

|| または(少なくとも1つは真)

// 1930-1950の乱数

year = rand(50)

while year <= 30

year = rand(50)

end

ではなくて

year = 1930 + rand(21)

// each(メソッド)(イテレータ=ループ的に動くメソッド)

languages = ['英語','ノルウェー語','Ruby']

languages.each do |lang|

puts lang+’大好き!’

puts ‘やっぱり’

end

かならず do…..endがくっつく

// 整数メソッド

3.times do

puts ‘Hip-Hip-Hooray!’

end

Hip-Hip-Hooray!

Hip-Hip-Hooray!

Hip-Hip-Hooray!

// last

配列の末尾にある物を教える

// join

配列にオブジェクトを追加

// push

配列の末尾にオブジェクトを追加

// pop

配列の末尾のオブジェクトを取り除いて、それが何かを知らせる

// def 自作メソッド

def say_moo

puts ‘mooooooooo’

end

say_moo // mooooooooo

say_moo // mooooooooo

// 引数

def say_moo number_of_moos

puts ‘mooooooo’ *number_of_moos

end

say_moo 3 // mooooooomooooooomooooooo

引数を渡していない場合はエラー

// 再帰

def factorial num

end

// “#{ hoge}”

name = ‘ルーク’

zip = 90210

puts “名前 = #{name} 、郵便番号= #{zip}” // 名前 = ルーク、郵便番号 = 90210

この中では式も評価出来る。

[読了]Webデザイン プロフェッショナルワークフロー・バイブル

Webデザイン プロフェッショナルワークフロー・バイブル
Andy Clarke
毎日コミュニケーションズ ( 2009-02-24 )
ISBN: 9784839923167

積読状態だった一冊。
とりあえずワークフローあたりを考えるための一冊として読んでみた。

ワイヤーフレーム部分は自分1人で解決出来る話でもないけど、考えて実行しないことには何も生まれないしなぁとおもいつつ、そう言う方向には持って行きたい。

それが出来たときは制作フローも若干変わるだろうからその辺もかえられるといいのだけど。
使い回し的なコードとかの話はSassとかで解決出来ないもんかしら。

改善出来るように日々考えないといけないな。
こなすことで終了してしまっている気がする。

Compassを触ってみようか

Compass Home | Compass Documentation
http://compass-style.org/

Sassの拡張というところなのかな。
@hilokiさんに聞いてみたらSass使ってるなら!とおっしゃってた。
そりゃすごそうだ。

とりあえずSassにひげが生えた(Mixinが使いやすくなった)程度と思えば導入は難しくないのかなぁ。
プロジェクトがどうたらとかやり始めるとちんぷんかんぷんになりそう(現在進行形でなってる)

とりあえず触ってみる。

出来る事ならprojectをcreateしたときに簡単なhtmlとかも突っ込んでおければ早いんだろうな。
多分、多分、多分。